知って得!性病治療薬の全て

性病に感染してしまった際は、性病治療薬を使用しなければ完治することが難しいです。こちらでは、性病治療薬の種類とどのような性病に効果があるのかをお伝えしていきます。また、性病治療薬を簡単に購入する方法なども伝授したいと思います。

性病治療薬の画像

オーラルセックスで移る性病のB型肝炎はじんましんも

B型肝炎ウィルスの感染が血液検査で分かったら医者の診察を受けよう性病の一つであるB型肝炎は、B型肝炎ウィルスに感染することによって発症するすべての症状のことです。
輸血などの医療行為による感染がメインですが、キスやオーラルセックス、性交渉で感染する場合もあります。
B型急性肝炎の内、成人の感染のほとんどはオーラルセックスを含む性交渉が原因になっています。
B型肝炎ウィルスは感染力がとても強いためディープキスなど唾で感染してしまうこともあります。
オーラルセックスを含む性交渉の機会が多い性産業の従事者は比較的B型肝炎を含む性病に感染しやすくなります。
仮に自分がB型肝炎キャリアーであってもセックスパートナーがまだB型肝炎に感染していない場合は予めB型肝炎ワクチンを打つことで感染を予防できます。

B型肝炎ウィルスに感染して一、二ヶ月で三人に一人は熱が出て、吐き気をもよおし、身体や白目に黄疸が現れます。
他にも紅斑やじんましんができたり、関節痛が起きたりします。
B型肝炎ウィルス感染によるじんましんは消えるまでに時間がかかったり、じんましんの跡が残ることがあります。
しかし感染者の三人に二人は症状が全然出ないまま治ってしまいます。
治ってしまっても無症候性のB型肝炎キャリアーや症状の見られない慢性肝炎に移行していることもあり、感染者の1%は、劇症肝炎を起こし、肝臓を移植ができなかったときは六、七割の感染者が死に至ります。
感染者の1%というと、かなり低い確率のように思えますが、他のウィルス性肝炎と比べると劇症肝炎になる確率が最も高い恐ろしい性病です。

B型肝炎ウィルスに感染しているかどうかは感染してから一ヶ月後に、血液検査で判別できます。
検査の結果、感染が確認されたときは、すぐお医者さんの診察を受けることをお勧めします。