知って得!性病治療薬の全て

性病に感染してしまった際は、性病治療薬を使用しなければ完治することが難しいです。こちらでは、性病治療薬の種類とどのような性病に効果があるのかをお伝えしていきます。また、性病治療薬を簡単に購入する方法なども伝授したいと思います。

性病治療薬の画像

性病で発症する特発性血小板減少性紫斑病の症状とは

エイズは免疫細胞がヒト免疫不全ウイルスに感染して発症する性病です。
ヒト免疫不全ウイルスはHuman Immunodeficiency Virusの頭文字からHIVウイルスといいます。
HIVウイルスの長期間感染しつづけることにより免疫力が低下し日和見感染症を引き起こし後天性免疫不全症候群エイズという性病を発症します。

HIVウイルスに感染してしまうと体の中で急速にHIVウイルスが繁殖して感染から四週目くらいで体内のHIVウイルスの量が最大となりTリンパ球という免疫系の細胞が一時的に減少します。
この時期を急性感染期といいます。
四割から九割の感染者が感染してからおよそ六週間以内に熱が出たり、だるさを感じたり、リンパ節が腫れたり、喉に炎症を起こしたり、皮膚にしっしんができたりと性病でよくみられる症状が出ます。
感染から六週間から八週間くらいで抗体が生み出されることによって、それらの症状が治まっていき、感染してから六ヶ月から九ヶ月くらいで血液中のHIVウイルスやTリンパ球の数も安定していき無症候期に入ります。

急性感染期を経て数年から十年間くらいは無症候期となり、特に目立つ症状がなく検査をしない限りはHIVウイルスに感染していることに気がつくことができなくなってしまいます。

しかし無症候期でもHIVウイルスに長期間感染しつづけている状態なのは変わりはなく、やがてTリンパ球が減り免疫力が落ちることで日和見感染症を引き起こして行くエイズ発症期に入り、様々な疾患を引き起こしていきます。

このエイズ発症期に入る直前に特発性血小板減少性紫斑病を発病する場合があります。
特発性血小板減少性紫斑病は血小板が減少し出血しやすくなり、なかなか止血しにくくなります。
特発性血小板減少性紫斑病はエイズに進行する前駆症状といわれています。