知って得!性病治療薬の全て

性病に感染してしまった際は、性病治療薬を使用しなければ完治することが難しいです。こちらでは、性病治療薬の種類とどのような性病に効果があるのかをお伝えしていきます。また、性病治療薬を簡単に購入する方法なども伝授したいと思います。

性病治療薬の画像

性病の妊婦感染、治療法と性病治療薬について

妊娠中に異変を感じた時は、必ず、病院で検査を受けよう。性病に感染した女性が妊娠したり、妊娠中に性病に感染すると本人はもちろんですが、病気の種類によっては妊娠や赤ちゃんに影響を及ぼすことも少なくありません。
性病の妊婦感染が、お腹の赤ちゃんにまで感染してしまった場合には、赤ちゃんは抵抗力が弱いために肺炎や失明、奇形などが起こる可能性があり、最悪のケース死に至ることもあります。また妊婦感染により子宮に炎症が起こるので、赤ちゃんの発育が遅れたり、流早産の危険性が高まります。
性病は、性行為以外で感染することもあるので、妊娠中におりものの色や膣のかゆみなど異変を感じた時には、必ず病院で検査をして感染していた場合は早期に治療することが重要です。
母子感染する可能性のある注意すべき性病は、エイズ、淋病、梅毒、クラミジア、カンジダ、トリコモナス、コンジローマ、C型肝炎、B型肝炎で症状を放置しておくと早産や未熟児、後遺症など先天的に胎児に影響を及ぼす危険が高くなります。
エイズの妊婦感染は、感染していることに気づかないで出産すると赤ちゃんへの感染率は約30%となりますが、服薬と帝王切開、人工授乳という適切な治療法を行うと、感染率は1%以下と言われており、ほとんどの赤ちゃんが感染せずに生まれてくることができます。
そのほかの性病も、抗生物質などの性病治療薬を服用し適切な治療法を行うことで改善や完治が可能で、病原菌やウィルスに感染している期間が短ければ短いほど治療期間も短くて済むので、早期に発見してパートナーと一緒に性病治療薬を服用することが大切です。
性病の妊婦感染は妊娠初期の検査で簡単に確認することができるので、もし感染がわかった場合には医師の指導による適切な治療法を行い、性病治療薬を服用し妊娠中にきちんと治し、お産に備えるようにしましょう。