知って得!性病治療薬の全て

性病に感染してしまった際は、性病治療薬を使用しなければ完治することが難しいです。こちらでは、性病治療薬の種類とどのような性病に効果があるのかをお伝えしていきます。また、性病治療薬を簡単に購入する方法なども伝授したいと思います。

性病治療薬の画像

性病の検査と20代の感染・予防について

10代、20代だけではなく、30代以上に幅広がっている性病の感染「性病」とは、別名STDと呼ばれるもので、一般的に性的な行為をして感染する病気のことです。
性行為の感染はもちろんでのことすが、粘膜同士の接触によるオーラルセックスでも感染します。
10代~20代の方の感染率が高いとされていきましたが、最近は30代以上など幅広い年齢層の方も多く感染するようになりました。
性病には、15種類以上の感染症があります。その種類には、カンジダ、性器クラミジア、咽頭クラミジア、性器ヘルペス、淋病、梅毒、コンジローマ、エイズなどです。
感染症によって症状は全く異なり、進行するまで自覚症状のない性病もあります。特に20代の方は、意識しないうちに感染してしまっている場合もあるので、症状には注意が必要です。
気になる症状があった場合は、女性は婦人科、男性は泌尿器科、その他性病科などに受診すると、診察が可能です。
診断を確定するために、症状に応じた検査を行います。症状によっては、血液検査やおりもの検査、子宮がん検査、精液の検査などを行います。
自分自身に症状がなかったとしても、パートナーに何らかの症状が出てきた場合などは、必ず医療機関に受診しましょう。
10代~20代の方で性行為のある方は、ウイルス感染の可能性がある子宮頸がん検査は、定期的に受けることをお勧めします。
又、クラミジアなどに感染していると、不妊症や子宮外妊娠の可能性が高くなるので、注意して、少しでも気になる症状があれば、ためらわずに医療機関を受診しましょう。
性病は、気をつけていれば、防ぐことが可能なので、コンドームを使用するなど、日頃より感染する可能性をなるべく防ぐように心がけましょう。又、家族間では、同じタオル使わない、お風呂のイスを共用しないなど気をつけることが感染予防に繋がります。